エントリー

President × New employees Crosstalk
  • Home >
  • SPECIAL >
  • 新卒座談会

新入社員が語る、入社の理由。そして、このフィールドで働く魅力と意識

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

入社動機

2016年4月に3名の新卒を迎えました。その3名と、LOCUSとの出会いや志望動機、社会人として過ごしたこの約1年を振り返っての感想、そして将来についてなどを話し合っていきたいと思います。まずは就活でLOCUSを知った経緯から教えてください。
野呂
「逆求人」のイベントで知ったのがきっかけです。就活中、カッコいいなって思える社会人が何人かいて、皆さん自分が取り組んでいる仕事に魂を込めていて目を輝かせていました。LOCUSの熊野さんもその一人で、純粋に魅力を感じました。
じゃあ、最初は「会社軸」「事業軸」というよりも「人軸」だったんだ?

野呂
そうですね。「動画」に関してはそこまで興味はなかったですね(笑)。ただ、自分でも将来何かやりたいことが見つかった時に思い切って踏み込めるだけのスキルとマインドは持っておきたいと思い、「無形商材であること」「顧客の幅広さ」「会社の成長性/自らの成長環境」の3点からLOCUSも選択肢の一つにはなりました。
寺尾
私も「逆求人」のイベントでした。正直に言っちゃうと「就活なんてくだらない」「やりたくない」って思ってたけど「やらない」という選択ができるほど強くはなかったのでとりあえずやってみた、っていう感じでした。
その感じ、そのまま出てたよ(笑)。
寺尾
申し訳ありません(笑)。本当に、リクルートスーツを着てたくさん説明会に行って、みたいな就活をどこか蔑視していたようなところもあったので…。自分の中では「女性をもっと輝かせたい」「自分の好きなことがしたい」という2軸で企業を探していて、たまたま出会った瀧さんの人柄に惹かれたのは勿論、LOCUSのビジネスフィールドやベンチャーという環境が私にピッタリだと感じてほぼ即決しました。
瀧口
僕は2人とは違い、「動画」「コンサルティング」に絞って就活をし、Web検索でLOCUSを見つけて応募しました。そういう会社で新卒採用をしているところがそこまで多くなく、5社ほどしか受けませんでしたが、中でも瀧さんの語る設立背景や業界を変えたいという思い、今後のビジョンに強く共感し、鳥肌が立つくらい興奮したことをよく覚えています。

入社から約1年経って

LOCUSを見つけてくれて本当にありがとう!実際、入ってみてからはどうだった?
瀧口
僕は3人の中で唯一、内定者のうちからインターンとして数か月働いていたので、正直「一歩リードしているかな」と思っていたんですが、入ってみるとあまり関係なかったですね(笑)。
そうなんだ(笑)。インターンはあまり意味がなかった?
瀧口
いえ、会社そのものや人の雰囲気を知るという意味ではすごく良かったです。インターンの中身がどうこうではなく、今考えると自分自身のスタンスの問題だったんだと思います。
当時は「実際に社員として働くことになったら…」という具体的なイメージを持って計画的・戦略的に動くというよりも、ただ「言われたことをやる」だけで一杯いっぱいだったので。入社後も「自分の意識・考え方次第で結果は大きく変わってくる」ということに何度も直面し、その都度学びと反省を得てきた1年間でした。
寺尾
私は「思っていた通りの会社」だと感じています。入る前から、お会いする先輩の皆さんが「"やりたい"と声を挙げる人にチャンスを与えてくれる会社だ」と聞いていましたが全くその通りで、私が「こういう案件を担当したい」「こういう案件は私に任せてほしい」と言うことに対し「まだ新人だから」という理由で無視することなく、ちゃんと機会を与えてくれることに満足しています。
野呂
僕は「初めてのこと」が多い中、忙しさに甘んじて受け身になることが多かったなと少し反省しています。今年はより意識して「提供していく」癖をつけたいと思っています。オン・オフ問わず、何か周囲の人に貢献できることを探すとか、イベントも主催側にまわってみるとか。他の人に喜んでもらえそうなことを積極的に仕掛けていきたいですね。

今後の目標

では、将来的にはどんなことをしていきたいと思っているか聞かせてください。
野呂
短期的には「"活用後"を見据えた動画企画の提案」をしっかりやっていきたいと思っています。動画の企画・制作に携わる中で感じたのは、価値や意義が明確な動画ほど制作にも身が入るということです。そのためには、課題に対する最適な打ち手が動画であり、動画の内容もそれに沿ったものだと腹落ちした状態にする必要があります。最終的には顧客の利益向上、そこから逆算した企画提案が出来るようになりたいです。
中・長期的には?
野呂
中期的には「自分のチームを持つ」ことですかね。あまりリーダーには向いていないかもしれませんが、組織の中で責任を負うという意味でも自分のチームを持って成功に導き、喜びを分かち合いたいです。そしてその先、より会社を強くしていくために人事として「これからのLOCUS」を共に創っていける仲間を増やしていきたいと思っています。
瀧口
僕はとにかく動画/映像が好きなので、いつか自分でも何か創れるようになりたいと思っています。そのためにもまずは「営業としての成長」に没頭したいと思っています。自分で何かを創るとしても、そのための資金は必要ですし、何より今経験している全てのことがすごく有益だと感じているので。

寺尾
私はとにかく「新しいことがしたい!」「好きなことがしたい!」って思っていたけど、それがちょっとずつ形を変え、より具体的になってきて、「若い女の子たちの毎日が、ほんの少しだけでもいつもよりワクワクするような、未来を考えて楽しくなったりするようなキッカケ作りがしたい」、そんな仕事がしたいと思っています。
そのためにも、女性にワクワクやときめきを与えられるような動画を、そして動画という枠を超えて素敵な体験ができるような機会を創出・展開していきたいです。
どうもありがとう。皆それぞれに素敵なビジョンを持っていて嬉しくなりました!これからも実現に向けて一緒に頑張っていきましょう!