So Takahashi

what

前例のないクリエイティブ制作に携わりたい。

高橋 聡

高橋 聡 / So Takahashi

動画コンサルティンググループ / 企画営業

大学卒業後、新卒で入社した基幹システムの開発・販売をする企業にて営業活動に従事。2020年5月、新たな挑戦をするためLOCUSに入社。現在、「動画×採用」を主とするチームにて、クライアントに寄り添った企画営業として活躍中。

私の仕事におけるこだわり

最も大切にする考え方は、ご提案の際はお客様のニーズを拾い上げ、5つのWを明確にした上で表現にあたる1H(How)をご提案することです。感覚的なメディアである動画を扱う場合、「こんなかっこいい表現を入れ込みたい」「こんなオシャレな動画にしたい」といったHowの部分が先行しがちですが、「誰に向けた動画なのか?」「どんな場面で見せる動画なのか?」といったターゲットや活用場所などの周辺要素に応じて、最適なクリエイティブは異なります。そういった5Wを明確に定めて制作に臨む為に、お客様の要望や現状の把握のためのヒアリングを丁寧に行うことを心がけています。

無形商材である動画だからこそ「かっこいい動画を作る」ではなく、「お客様の課題解決に向けてより良い動画を作る」という考え方を今後も大切にしたいと考えています。

私の「アレがしたい!コレもしたい!」

前例のない企画や表現のクリエイティブの制作に携わりたいと考えています。テレビやWebのCMを見ていると、”ああ、よくある表現の動画だな”や”すごいインパクトがある、新しい動画だな”など、様々な感想を抱くと思います。

動画は特に流行り廃りの激しいメディアで、常にその時の流行が市場を席巻しています。例えば、採用動画という括りで言えば、数年前まではいわゆる「インタビュー動画」がほとんどでしたが、現在では目的に応じた様々な動画が作られています。そんな動画市場で、一躍話題に上り、クリエイターなら誰もが真似したくなるような企画や、動画に捉われずに様々なメディアとのシナジーを発揮できるような、新たなモノを生み出したいと考えています。

私は動画クリエイターではなく動画コンサルタントなので、そんな新たな企画をモノづくりの観点ではなく課題解決の手段として生み出せるようなご提案を続けていきたいと考えています。

JOB OFFER求人情報