エントリー

システム開発部 山口 力

社員インタビュー

とことん技術を追求し、いつか「まだ世の中にない、新しいBtoCサービス」を送り出したい

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

思う存分、新たなモノづくりに携われる会社

もともとは紙媒体のグラフィックデザイナーをしていたのですが、当時から価格表や日程表など多くのデータを処理しながら整理していくといった作業も得意で、そうした作業をデザインするのではなくシステムで組み、業務効率化を図っていました。そんな中、会社へのWebサイト制作の依頼が徐々に多くなり、仕事も紙からWebへと移行。システムについて学ぶ機会も増えていきました。

そしてある時、大学のプロモーション関連の仕事をしていた折「大掛かりなシステムを構築する必要に迫られていて協力してほしい」と依頼され、未経験ながらも教授から要件をヒアリングし、どうにかこうにか形にするといったことがありました。思い返せば、それがエンジニアとしての初仕事ですね。

そこからはシステム一筋で、大学や学術機関での様々な研究・実験に関するシステム構築に携わりました。研究・実験の性質上既存のシステムではカバーできない領域を手掛けることが多く、スクラッチでの開発が主となり、アイデアベースのプロジェクトを設計書ありきで作るのではなく、ゼロベースで打合せを重ねながら形にしていく面白さを経験しました。

その後、動画配信の黎明期に、たまたま縁があって動画配信プラットフォームを作っている会社に転職。アプリケーションエンジニアとして勤務し始めました。その会社では企画提案の段階から入り、要件定義・設計開発・保守運用と、大規模案件の最上流から最下流までを一通りこなし、アプリケーションレイヤーだけでなくインフラ~ミドルウェアのチューニングにも関わるフルスタックエンジニアとして数々の経験を積んできました。

しかし会社が成長していくにつれ、新たなモノを作るというよりも、既存のシステムを標準化していこうという流れになり、自分の業務も現場から管理職寄りになっていったこともあり、転職を検討。まだまだ発展途上の市場・環境で、思う存分新たなモノづくりに携われる会社を探していた中、LOCUSと出会いました。

背中を押してくれた「動画」の可能性

いろんな会社が候補として挙がりましたが、最終的にLOCUSに決めたのは「自分が求める仕事」「自分が望む環境」に最も近いものがここにはあると感じたからです。あとは「動画」に関する知見が多少なりともありましたし、「動画」の将来性も感じていたので、迷いはありませんでした。

面接時に、当時のシステム面における課題なども聞いていたので、入社後は予め「こういう風に動こう」と考えていた通りに、一気に突っ走りました。幸い、今に至るまでモヤモヤする暇もぼーっとしている暇もないくらいやるべきことはたくさんありましたし、おおよそイメージしていた通りに進められています。

既存システムの改修から新規事業のシステム構築まで

入社後の最初のミッションは外部ベンダーによって開発を進めていた新規事業である「FastVideo」の追加開発・保守運用を内製化するプロジェクトだったのですが、仕事の進め方については一通り任せていただけることになっていました。そこでまず、プロジェクト全体の状況を正確に把握するために、プロジェクト管理ツールの「Redmine」と、バージョン管理ツールの「Git」というソフトウェアを導入しました。そこから既存システムの解析をしてみたところ、バックエンドシステムの運用における問題点が洗い出され、そこから対処法を社内で話し合い「そっくり置き換えてしまったほうが早い」という結論に至りました。

それまでもAWSを使用していましたが負荷分散を考慮した構築になっておらず、クラスタリング可能な構成に組み替えて将来的なスケールアウトに備えました。それとともに、運用のためのログトラッキングや通知の仕組みを構築することで、以前は問題が発生してから調査完了まで2週間ほどかかっていたものが、社内でトラッキングできるようになり、問題が起きれば即日対応できるようになりました。

同時にインフラ構成の見直しも実施。それにより運用コストも80%カットすることに成功しました。このように「どこにムダが潜んでいるか」というのは、システム構築の全体像を見たことがないと気づきづらい点でなので、これまでの経験が大いに活きたと思っています。

創作意欲を刺激してくれるような仲間と共に

その後も「FastVideo」の様々な改修に着手し、今ではバックエンドだけでなく、フロントエンド・WEBAPI・iOSアプリの内製化も完了し、システム全体を内製化できる状態になりました。他にも海外進出を見込んだ多言語対応や外部システムとの連携など色々取り組ませてもらっています。社内の関係各所とのコミュニケーションも円滑で、決断・決定に対するスピード感もあるので、思いついたアイデアを次々と試せています。元来の創作意欲も大いに刺激され、その成果も即時に実感できるという点が楽しいですね。

今後もこの環境での仕事を満喫しつつ、いずれはBtoCの「まだ世の中にない、新しいサービス」をLOCUS発信で送り出したいと思っています。私の場合、作りたいものは色々思い浮かぶんですが、どちらかというと「技術を追求したい」という側面が強いので、こんな私にどんどん「こんなことは出来ないか」「こんなことが出来たら面白いんじゃないか」というアイデアをぶつけてくれる方、また、一緒にとことん技術を追求していってくれる方が仲間になってくれたら嬉しいですね。

中途採用 募集ポジション

Other Person

  • マーケティングコンサルタント 加藤 智史
  • マーケティングコンサルタント 吉岡 啓汰
  • マーケティングコンサルタント 平田 由香
  • FastVideo事業部 庵 志穂
  • 局長 熊野 清仁
  • クリエイティブコンサルタント 呉羽 文彦
  • 経営企画室 事業開発Div 樋口 禄馬
  • 経営企画室 事業開発Div 竹内 直人
  • 営業推進部 リーダー 満留 幸治