エントリー

営業推進部 リーダー 満留 幸治

社員インタビュー

自ら提言して新設された組織で質の高いソリューションを提供できる仕組み作りを

業績向上に繋がるあらゆる施策の企画・実行

営業推進部として会社の業績向上に繋がるあらゆる施策を企画・実行するという重要なミッションを担っています。

具体的には、パッケージ商品の企画、営業担当が使う説明資料の作成、代理店向け拡販ツールの作成、営業の業務効率を改善するシステム開発の仕様書の作成、営業戦略の立案、社内のナレッジ・マネジメント、展示会やセミナー運営など、非常に広範に及んでいます。

入社して営業に携わりましたが、事あるごとに社長の瀧や上司に「この資料はもっとこうしたほうがいいのでは」などと、小さなことでもいいから、自分で気がついた改善策を小まめに提言していたのです。

例えば、代理店からいろいろ問い合わせが来た時に体系的に説明できる資料が少ないなど、営業を総合的に支援・推進するツールをブラッシュアップすべきではないかと問題意識を持つようになりました。

また、市場が目まぐるしいスピードで変化し続けているため、どの分野をどのように攻めるのかという営業戦略を専任で構築する役割の重要性を感じていました。
このままでは、競合が出てきた時に営業担当の個人力の勝負みたいなことになってしまう。それでは危ういのではないかと感じて、瀧や直属の上司に営業を支援する部門の設置を働きかけました。

自分の問題意識から具体的なミッションが形に

瀧や上司も営業を後方支援する部署の必要性を感じていたということもあり、その提案が認められて2014年4月に営業推進部を設立。私が専任として配属されました。

自分の問題意識から始まって具体的なミッションが形になったのは嬉しかったですし、専任部署ができたことで展示会への出展や他社との共催セミナーなど新たな顧客接点の機会を創ることができています。

営業推進の仕事は、営業部門やマーケティング部門と連携しながら業務を遂行していくので、展示会やセミナーの企画一つとっても立案のプロセスにおいては、いろいろな考え方や意見、主張が混在します。

それぞれの立場からの意見を吸い上げ、目的に合わせて内容や優先度を調整することも求められてきます。

私が実現しようとしているのは、特定の個人のセンスや感覚に依存することなく、営業全員が業界最先端の動画マーケティングのナレッジやテクノロジーを駆使して、お客様に質の高いソリューションを提供できる仕組みを作っていくこと。私も営業をやっていたので、非常に難しいことだとは思っていますが、まずはその仕組みづくりに注力していきたいと考えています。

自分の意見を発信し行動する事で前進する

前職はアドテクノロジーを中心とした「広告プラットフォーム事業」を展開するITベンチャーの商品開発部で働いていました。その会社では、営業とシステム部門の間に立ち、自社開発のWEB広告配信システムの運用コンサルティングや営業支援、機能改善、開発用件定義などを幅広く経験しました。

当初は営業もシステムも、さらには新卒入社だったので社会人としての立ち居振る舞いもよくわからないので非常に苦労しました。

毎日受け身のまま「言われたことだけ」をやっていると、上司から「言われたことだけをやっているなら、バイトと何も変わらない。自分から仕事をつくりだしていくために、もっと考えて行動しろ」と叱咤されて、ハッとしたのです。

それからは、自分なりに課題を明確にして、目標を設定し、達成までのステップからタスク分解をした上で、自分の考えを上司に相談し、積極的に周りを巻き込んで仕事をするよう働き方を変える努力をしました。結果、徐々に成果も出るようになり見える景色が変化してきたことを今でも覚えています。

前職の仕事を通じて、自分の意見を発信して行動を積み重ねること、人の力を借りてでもいいからとにかく前に進んでいくこと、成長するために必要なこの2つの考え方を学びました。自分を育ててくれた元上司と、社会人としての基礎を学ばせていただいた前職には今も感謝しています。

求めていたのは顧客の課題を動画で解決する仕事

元々、学生時代に映像制作を学んでいた経験もあり潜在的に興味は持っていましたが、社会人になりネット広告業界で仕事している中で、動画を活用したい広告主が増えていたことと、バナーやテキスト広告よりも視覚・聴覚・物語性のある動画広告を活用したいというニーズは更に多くなってくるのではないかと感じるようになり、改めてWEBを中心とした動画広告市場をこの手で作り出したいと思っていた時に出会ったのが瀧でした。

瀧とは、学生時代にお世話になった企業の10周年パーティーで共通の知人から紹介されたのですが、話していくうちに、「お客様のマーケティングの課題を動画で解決する仕事」に自分の求めていた役割を見出すことができました。

瀧の“動画業界の出身ではない”という経歴だからこそできる新たな取り組みと、周りの人の意見を大切にするという人柄に惹かれました。そして、LOCUSならば「お客様とクリエイターの間に立って課題の解決策を提案する」という能力を身につけられると思い、転職を決めました。

前職を辞する時、今でも尊敬する前職の社長から「転職するなら、その業界に革命的なインパクトを残す仕事をしないと意味がないよ。」と仰って頂きました。
多分、一生忘れない言葉だろうと思います。人生、熱くなれるものに携わるべきだと。
私も、それをやらなければLOCUSに転職した意味はないと思っています。

映像業界は良くも悪くも昔ながらの価値観が根強く残っていますが、だからこそ、これからどんどん変わっていく可能性を秘めたマーケットだと感じています。

ただ、忘れてはならないのは、動画は「現場で汗を流す」クリエイター達の存在があってこそ成り立つ商品であるということ。彼らが伸び伸びと活躍するフィールドが作り出せないのであれば、お客様の満足する動画は生み出せないし、それが出来なければLOCUSの存在価値も、私がこの会社で働く意味も無いと思います。

古き良き伝統は大事にしつつ、「動画をもっと手軽に。動画クリエイターをもっと身近に。」という世界を実現するために必要なことは何かを常に模索しながら、営業推進という立場で、業界に変革をもたらす担い手になれればと思っています。

One Day Timeline

中途採用 募集ポジション

Other Person

  • 営業本部 リーダー 加藤 智史
  • 営業本部 吉岡 啓汰
  • 営業本部 庵 志穂
  • クリエイティブ室 クリエイティブプロデューサー 熊野 清仁
  • 経営企画室 事業開発Div 樋口 禄馬
  • 経営企画室 事業開発Div 竹内 直人
  • 営業推進部 リーダー 満留 幸治